ニキビ跡 シミ

色素沈着の解消はエステじゃなきゃ無理・・・?
いいえ!エステ級ジェル誕生!

60日間の返金保証付きは自信があるから。
公式サイトは以下の画像をクリック!

ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(2)

お肌の悩み

最近、ニキビ跡の色素沈着で悩む女性の間で評判なのが、ズバリ「ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンは、巷では『肌の漂白剤』と呼ばれることもしばしばで、

 

ニキビ跡の色素沈着に悩む人に限らず、

 

脇(ワキ)や乳頭、お尻、ビキニラインなどの黒ずみや色素沈着に悩む人の間でも話題の成分なんです。

 

 

ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(1)」では、

 

ハイドロキノンの効果や長所について解説しました。

 

それでは、続きになります。

 

 

■ハイドロキノンの短所

 

・美容皮膚科などを受診して医師による処方が必要なこと
(市販の化粧品にもハイドロキノンが配合された商品があるが濃度が薄いので確実な美白効果を得るには医師への相談が不可欠とされる。)
・健康保険が使えない自由診療となるので費用がかかること
・人によっては肌が腫れたりすることがある
・長期間の使用は白斑トラブルを起こす可能性があり不可なこと

 

※白斑のトラブルとは、ハイドロキノンを長期間使うことで皮膚本来の機能である、
メラニンの生成が完全に止まってしまって皮膚の一部が白くなってしまうことをいいます。

 

このように強力な美白効果があるハイドロキノンですが、かといって、あまり長期間使うことはおすすめできせん。

 

いずれにしても、皮膚科医の指導の下で、適切な利用を心がけましょう!

 

 

■その他

 

ハイドロキノンはトレチノインと併用することで、相乗的な美白効果を得ることができます。

 

トレチノインは、肌の奥に溜まってしまったメラニン色素をカラダの外に出してしまう働きがあります。

 

なので、今まで見てきたハイドロキノンの美白効果でメラニン色素の生成を抑制し、

 

体内に沈着してしまったメラニン色素の色を漂白して薄くしながら、さらに

 

トレチノインが持つメラニン色素の体外排出効果で、より高い美白効果を望むことができるんです。

 

 

■まとめ

 

ハイドロキノンは、ニキビ跡の色素沈着に悩む人に限らず、

 

脇(ワキ)や乳頭、お尻、ビキニラインなどの黒ずみや色素沈着に悩む人にとっても高い効果が望める美白成分です。

 

トレチノインと併用することで相乗的な美白効果も期待できます。

ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(2)関連ページ

皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、保険は使える?
皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、健康保険は使えるのでしょうか?調べてみました。
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(1)
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実について解説します。
アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(2)
アトピー跡を消すにはレーザーがいいのかj?他のおすすめの方法は無いのか?お答えします。
アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(1)
アトピー跡を消すにはレーザーがいいのか?他のおすすめの方法は無いのか?疑問に答えます。
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を教えてください!
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を解説します。
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは(1)?
ムダ毛の自己処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)について分かりやすく説明します。
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは?(2)
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)について、わかりやすく解説します。