毛嚢炎 もうのうえん

色素沈着の解消はエステじゃなきゃ無理・・・?
いいえ!エステ級ジェル誕生!

60日間の返金保証付きは自信があるから。
公式サイトは以下の画像をクリック!

ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは?(2)

鏡を覗く女性

ワキ(脇)に限らず、顔や脚、デリケートゾーンなどのムダ毛を自分で処理している人は多いと思いますが、

 

自己処理した場所に、ニキビ(のようなもの)ができた経験はありませんか?

 

それって、もしかしたらニキビではなく、毛嚢炎(もうのうえん)かも知れません。

 

ちなみに、毛嚢炎(もうのうえん)は、額や背中、脇、膝、太もも、ふくらはぎ、VIOなどに出来やすいとされています。

 

 

ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは(1)?」の続きです。

 

 

・毛嚢炎(もうのうえん)の治療方法

 

毛嚢炎(もうのうえん)の治療法は、まづ患部を清潔にすることです。

 

清潔にすることで、毛嚢炎(もうのうえん)の予防にもなります。

 

しかし、きちんとケアして肌を清潔にしていても、毛嚢炎(もうのうえん)が出来やすい人もいます。

 

 

毛嚢炎(もうのうえん)は、症状が軽い場合は、自然に治りますが、

 

痒みや痛みが伴う場合や、ブツブツが広い範囲に出来た場合は皮膚科を受診して適切な治療をしてもらいましょう。

 

症状に応じて、抗真菌薬やステロイドの軟膏、抗生物質の飲み薬などを処方して貰えます。

 

 

・毛嚢炎(もうのうえん)の予防方法

 

◯まづ、ムダ毛の自己処理の前には、石けんで肌を洗うなど肌を清潔にするようにして下さい。

 

また、「毛抜き」は止めて、電気カミソリなど肌への負担が少ない方法で処理するようにしましょう。

 

 

◯衣服や布団を清潔に保ちましょう。とくに布団は毎日使うものなので、定期的に日干しすることをおすすめします。

 

 

◯石けんなどの洗い残しも毛嚢炎(もうのうえん)の原因になりますので、しっかり洗い流しましょう。

 

 

◯栄養バランスのとれた食事をして、皮脂が増えるような脂っこいものはできるだけ控えるようにして下さい。

ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは?(2)関連ページ

皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、保険は使える?
皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、健康保険は使えるのでしょうか?調べてみました。
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(2)
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実について解説します。
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(1)
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実について解説します。
アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(2)
アトピー跡を消すにはレーザーがいいのかj?他のおすすめの方法は無いのか?お答えします。
アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(1)
アトピー跡を消すにはレーザーがいいのか?他のおすすめの方法は無いのか?疑問に答えます。
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を教えてください!
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を解説します。
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは(1)?
ムダ毛の自己処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)について分かりやすく説明します。