毛嚢炎 もうのうえん

色素沈着の解消はエステじゃなきゃ無理・・・?
いいえ!エステ級ジェル誕生!

60日間の返金保証付きは自信があるから。
公式サイトは以下の画像をクリック!

ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは?(1)

鏡を覗く女性

ワキ(脇)に限らず、顔や脚、デリケートゾーンなどのムダ毛を自己処理している人は多いですが、

 

ニキビ(のようなもの)ができた経験はありませんか?

 

それって、もしかしたらニキビではなく、毛嚢炎(もうのうえん)かも知れません。

 

 

・毛嚢炎(もうのうえん)とは

 

毛嚢炎(もうのうえん)とは、にきびと同様に毛穴からばい菌(ブドウ球菌など)が入りこんで起こる皮膚病です。

 

比較的、太ももやお尻などにできる場合が多いですが、顔や脇、デリケートゾーンなどにも出来ます。

 

軽度の場合は痒みや痛みは殆ど感じませんが、ひどい場合は発熱や痛みを伴うこともあります。

 

・毛嚢炎(もうのうえん)の原因

 

毛嚢炎(もうのうえん)の原因は、肌の上にいつもいる常在菌のブドウ球菌が、

 

毛穴の傷などから感染して起きますが、具体的な原因としては、

 

カミソリなどでムダ毛の処理をした時に毛穴が傷がつくことや、

 

湿った肌の状態が長時間続いて毛穴にブドウ球菌が入りやすくなった場合、

 

などに起きやすいとされています。

 

(毛嚢炎は、夏など汗をかく時期に発症しやすい病気です。)

 

その他にも、ステロイド剤の使用やストレス、食生活の乱れが原因となって、毛嚢炎(もうのうえん)が起こることもあります。

 

・毛嚢炎(もうのうえん)の症状

 

毛嚢炎(もうのうえん)の症状は、ニキビに似ています。

 

毛穴に赤いブツブツした突起ができ、中央に白い膿がたまることもあります。

 

軽度の症状の場合は痒みや痛みはありません。

 

しかし、症状がひどくなると発熱や痛みが伴い、さらに悪化して化膿することもあります。

 

→「ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは?(2)」はこちら

ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは(1)?関連ページ

皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、保険は使える?
皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、健康保険は使えるのでしょうか?調べてみました。
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(2)
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実について解説します。
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(1)
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実について解説します。
アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(2)
アトピー跡を消すにはレーザーがいいのかj?他のおすすめの方法は無いのか?お答えします。
アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(1)
アトピー跡を消すにはレーザーがいいのか?他のおすすめの方法は無いのか?疑問に答えます。
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を教えてください!
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を解説します。
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは?(2)
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)について、わかりやすく解説します。