アトピー 跡

色素沈着の解消はエステじゃなきゃ無理・・・?
いいえ!エステ級ジェル誕生!

60日間の返金保証付きは自信があるから。
公式サイトは以下の画像をクリック!

アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(2)

お肌の悩み

 

アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(1)」からの続きです。

 

しかし、アトピーの人の肌は、正常なターンオーバー(新陳代謝)が行われないので、

 

メラニン色素が体内に蓄積して沈着してしまいます。これが、主にアトピー跡(黒ずみ)ができるメカニズムです。

 

それに対して、痒くて我慢できずに掻いてしまったことでできた跡は、比較的肌の表面部分にできることが多いです。

 

 

肌のターンオーバー(新陳代謝)は、肌の表面はもちろん、奥の深い部分でも働いています。

 

しかし、肌表面のターンオーバー(新陳代謝)周期は、約28日程度とされるのに対して、

 

肌の奥の深い部分のターンオーバー(新陳代謝)周期は、5〜7年と言われています。

 

それだけ、肌の深い部分のターンオーバー(新陳代謝)は、長い期間を要し、アトピー跡の改善も根気強く望む必要があると思います。

 

逆にいえば、肌表面のアトピー跡は、ターンオーバー(新陳代謝)さえ正常になれば、

 

比較的短い期間で自然に消えていきます。

 

 

問題は、肌の奥まった深い部分のターンオーバー(新陳代謝)を働かせるということですが、

 

注目されている成分が「葉酸」と「ビタミンC」です。

 

葉酸も、ビタミンCも、共に肌の真皮部分のターンオーバー(新陳代謝)を促すとされています。

 

とくに、ビタミンCは最近、「ビタミンC誘導体」という浸透力の高い成分が登場して、

 

肌の真皮部分のケア専用の化粧品も登場しています。

 

肌の真皮部分にできてしまったアトピー跡(黒ずみ)のケアには、高い浸透力が不可欠ですので、

 

これらの成分をうまく使って、肌の奥のターンオーバー(新陳代謝)を促してあげることで、

 

肌の奥に沈着したアトピー跡も改善していきましょう!

アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(2)関連ページ

皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、保険は使える?
皮膚科で色素沈着の治療を受けたら、健康保険は使えるのでしょうか?調べてみました。
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(2)
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実について解説します。
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実(1)
ニキビ跡のシミにいいって本当?ハイドロキノンの真実について解説します。
アトピー跡を消すにはレーザー?他のおすすめの方法は?(1)
アトピー跡を消すにはレーザーがいいのか?他のおすすめの方法は無いのか?疑問に答えます。
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を教えてください!
肌にできてしまった色素沈着を消す方法を解説します。
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは(1)?
ムダ毛の自己処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)について分かりやすく説明します。
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)とは?(2)
ムダ毛の処理でもできる毛嚢炎(もうのうえん)について、わかりやすく解説します。